耳をぶらさげて

音楽が好きな人間が音楽を語るだけのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
回送/長澤友之

こんばんは!明日はandymoriのワンマンがあります!
今からテンションがすごくあがっていますっ
違和感です

今日は、そのandymoriのボーカル小山田壮平もコーラス参加をしているほどの仲の良い友人の一人、長澤友之さんの曲を紹介します。
長澤さんは10歳からギターを始め、11歳からオリジナルの作成に取り掛かりました。
18歳のころに、オーディションで才能が認められて、その後デモ音源を作成し本格的に音楽活動を始めてきました。
穏やかで響く声と包み込むようなサウンドをあわせて、独自の生活をゆるやかに歌う曲が多いですね。
長澤さんは、かっこつけて思っても無い上辺事を言うとかじゃなく、自分の思ったことを言って、私たちが共感するようなことが多いと思います。言いたいこと伝わるかな?
とにかく、長澤さんの曲はすごく共感します!
テーマがすぐそこにあることなので、イメージもしやすくて、でもどこかきちんと長澤さんの思いがしっかり伝わってくるので、素晴らしい曲ばかりです。




違和感
スポンサーサイト
ハイウェイ/くるり

お前、更新しなさすぎだろって感じですね。
違和感です。
最近はもっぱらライブに行き過ぎてて、お金が無いです。悲しいです。


今日は、くるりのハイウェイを紹介します。
いつもインディーズとかマイナーなアーティストを紹介していますが、本日のきぶんは「くるり」ということでくるりです。
知っている方もたくさんいると思います。
くるりは、メンバー交代が激しいです。激しすぎて、さっきまで私はボーカルの岸田繁さんとベースの佐藤征史さんしか知らなかったです。それに、今のほかのメンバーもあらゆるところで活躍してるみたいですよー。音楽を愛してる人で構成されてる感じですね。
大学時代の音楽サークルで結成された「くるり」ですが始めは4人組で、あまりよいバンドではなかったそうです。そんなことを言っておきながら、今では日本の音楽の先頭に立つ方になるとは、すごいですね。


私はくるりの特徴である、同じメロディーの繰り返しに惹かれました。ずっと身体の中でまわる落ち着いた一定のリズムがすごく心地いいですね。アコースティックギターの音がなんだか懐かしさを秘めていて、岸田さんの声と丁度よい体温だと思います。





違和感
Suddenly/Predawn

こんばんわー!違和感ですよ。

今回は、PredawnのSuddenlyを紹介します!
まずは、Predawnはがっちり日本人ですと伝えておきます。
英語の歌詞で歌を作っているシンガーソングライターです。本名は清水美和子さんと言います。
PVをみるとわかるのですが、すごくフワフワしているいわゆる森ガールのような方です。すごく可愛いです。

本格的なピアノ教室に通っていたため、6歳から作曲を始めていて、中学生のときに作った曲は
東京都中学校音楽創作コンクールで優良賞を二年連続で受賞しているそうです。
小柄な身体に小柄なギターをおぼろげに弾く姿は、本当にかわいらしいです。
眠るのが大好きらしいので、歌詞にはsleepなどの歌詞が多いそうですよー。
澄んだ空気のような透き通る声と優しいメロディーで、聞いた人全員を穏やかな気持ちで森に引き込みます。
まさに自然と言い切れるようなシンガーソングライターです。




違和感





白昼夢/caroline rocks

ごぶさたです!違和感です。
ついに、学校が始まってしまい更新がおろそかになりました。ごめんなさい。
この一週間もまたライブに行ってきましたー。
今週も自分のライブとMy Hair is Badのライブがあります。
あー楽しいことばっかりで、忙しい


今日は、白昼夢/caroline rocks
を紹介したいと思います!


caroline rocksは結構前から知っていたのですが、ユーチューブの動画で知っているだけでCDなどは持っていませんでした。この間、何かCDが欲しいと思って買ったところ、すごくよかったので紹介します。

Gt.&Vo. 渡辺 僚啓Gt. 砂川 一黄Ba. 和田 日出海Dr. 平沼 喜多郎の4人組みです。
ボーカルの渡辺さんは、喉が張り裂けそうなハイトーンボイスで、
「君の言葉が身体に刺さって」という歌詞がありますが、渡辺さんの声が刺さるような気が私はしますね。
あと、ツインギターなのでギターサウンドがはっきりしています。表情豊かな音楽が聴けると思います。
太陽光を鏡に反射させたような鋭いところをつくバンドだと思います。
ぜひ聞いてみてくださいー!




違和感
ウワノソラ/クリープハイプ
ウワノソラ/クリープハイプ

こんばんは!
毎回、誰を紹介するかすごく悩みますね。違和感です。

今日は私の名前の由来の方がボーカルをしている、
クリープハイプのウワノソラを。

クリープハイプは尾崎世界観(ボーカル・ギター)小川幸慈(ギター)長谷川カオナシ(ベース・バイオリン・コーラス)小泉拓(ドラム)の4人組です。
ボーカルの尾崎世界観とベースの長谷川カオナシは、この4人組になるまで、一人で活動(シンガーソングライター)をしていた経験があります。そのため、2人の対照的な個性有る歌声は、クリープハイプの独特で不思議な世界へ導いてくれる入り口だと思います。曲自体も、尾崎さんが書き下ろした曲のほうが多いですが、カオナシさんが一人で活動していたときの曲も、アレンジして演奏しています。なので、一つのバンドで2つ味が楽しめる、みたいな感じです。

クリープハイプの曲は、好きか嫌いか、の二つです。
このウワノソラもそうですが、他の曲でも「キライキライキライキライ」と連呼していたりします。
好きというのはすごく近いようで遠いような気がします。でも、嫌いというのも遠いようで一番近いような気がする、そんな感覚を感じるような曲が多いです。
私は、クリープハイプのライブ行った時「こんなライブがあっていいのか」とものすごく感動しました。
ぜんぜん、彼らを知らない人たちまでもが楽しくなっていたのが明らかでした。すごく楽しい夜でした。






ちなみに、尾崎世界観という名前は高校生や、まだまだ無名な時に「尾崎さんの世界観いいですね」とたくさん言われすぎて、それに飽きれて皮肉するように自分の名に当てたそうです。


違和感

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。